about us
artists
discography
shows
extra
contact us
SHOWS

Daymare on Twitter
twitter.com/daymarerec


english

leave them all behind 2015



day#1各バンドは70分ずつ、day#2各バンドは40-45分ずつ、SUMACは両日とも50分演奏します!

9/22(火・祝) Liquidroom
1.envy
2.SUMAC...
3.MONO
4.Boris

9/23(水・祝)
1.COHOL
2.DISGUNDER
3.BLACK GANION
4.SUMAC
5.ENDON


leave them all behind 2015開催決定!

2009年の初開催以来今回で5度目を数える轟美重音フェスが、3年振りに2デイズで開催。2日間ともに濃厚な世界観で見せる。

初日に登場するBoris / envy / MONOの3バンドは、いずれも昨年から今年に掛け自身のキャリアに傑作として刻まれるであろう新作をリリース、精力的にワールド・ツアーを行っている。国境と属性を超え自分達だけで掴み取った賞賛と賛同は更に拡がるばかりだ。3者揃い踏みは2011年の『leave them all behind』以来実に4年振り。公私共に通じ合う良き同志でありながら、この3バンドが一度にラインナップに連なることは、恐らく『leave them all behind』以外では起こらない。オリジネイター達の気高さと、お互いを高め合う相互作用を一瞬たりとも逃さずご堪能いただきたい。

2日目は日本のへヴィ・ミュージック / アンダーグラウンド・シーンで類似性の無い特別な孤高さを見せる4者が集結する。唯一無二という形容すら生易しい音のうねりを一身にまとう異端の先端BLACK GANION、最新作『裏現』でワールドワイド・デビューを飾ったポスト・ブラックCOHOL、キャリアに裏打ちされたブルータル・グラインド・サウンドが混沌を呼ぶDISGUNDER、ノイズからハードコアを突き抜け無意味な音楽を死体化する東京エクストリーム最先鋭ENDON。大会場のサウンド・システムを駆使し、インテンス且つ危険なものを放出する彼らに死角は存在しない。

強力な日本勢に混じり、今回唯一の海外アクトとして参加するのはSUMAC。Aaron Turner(OLD MAN GLOOM, ex.ISIS)、Brian Cook(RUSSIAN CIRCLES, ex.BOTCH)、Nick Yacyshyn(BAPTISTS)という超絶トリオが鳴らすのは、初期ISISを思わせる激烈テクニカル重音だ。ISIS解散以降、自身のリーダー・プロジェクトではヘヴィロック的アプローチを完全に封印してきたAaronが、遂に伝家の宝刀を抜く。これは北米以外で全世界初のライヴであり、万全の態勢で両日ともプレイする。

漆黒世界に鋭い光をかざすイメージ。出演バンドそれぞれが光度の高さと拡がりを見せつける2日間、気力体力と聴力の限界に挑戦だ。

**shows**
day one: 9/22(火・祝)東京:恵比寿Liquidroom
Boris
envy
MONO
SUMAC
open 15:45 / start 16:30
前売: 5,000yen (ドリンク代別)

day two: 9/23(水・祝)東京:代官山Unit
BLACK GANION
COHOL
DISGUNDER
ENDON
SUMAC
open 15:45 / start 16:30
前売: 4,000yen (ドリンク代別途)

**ticket**
6/27(土)より下記にて発売開始
ぴあ(P:266-485)、ローソン(L:72791)、e+、岩盤

total info: Smash 03-3444-6751


leave them all behind 2015公開ディスカッション開催!
出演:
Atsuo (Boris)
Tetsuya Fukagawa (envy)
Takaakira Goto (MONO)

来月開催のleave them all behind 2015初日(9/22[火・祝]恵比寿リキッドルーム)にて実に4年振りの共演を果たすBoris/envy/MONOから、Atsuo/Tetsuya Fukagawa/Takaakira Gotoが参加し、公開ディスカッションを行います。三者三様グローバルに活動を行う中で見えてきたものとは? 各人それぞれのインタビューだけでも興味深い話が聞ける中、同じ場でひとつひとつのテーマを掘り下げた時に何が導かれるのか? ご期待下さい。

08/30(日)dues新宿
open 19:00 / start 19:30
料金: 1,000yen (ドリンク代500yen別途) *メール予約のみ、当日券の販売は未定

《メール予約》
8/22(土)10:00AM開始
件名に、8/30公開ディスカッション予約
本文に、お名前(フルネーム/カタカナ)、電話番号、予約希望枚数を明記にて以下のアドレスへお申込み下さい。
予約メールアドレス dues@diskunion.co.jp
※予約は、こちらからの返信をもって完了とさせて頂きます。
※返信がないものは無効とさせて頂きます。予めご了承ください。
※こちらからの返信の際に、整理番号を配布させて頂きます。
※入場は整理番号順になります。開場の15分前よりdues新宿の前にお並びください。
※予約が定員に達した段階で受付終了とさせて頂きます。

《ご注意》
※ホール内禁煙となります。
※イベント終了後は参加券は無効とさせていただきます。
※いかなる理由におきましても、参加券の再発行は出来ません。
※会場専用の駐車スペースはございません。公共交通機関(電車、バス)でご来場ください。
※会場内における撮影・録音については固くお断りさせていただきます。
※会場内は禁煙、及び飲食物の持ち込みは禁止となります。
※ホール内ロッカー等はございませんので、貴重品の管理は自己責任にてお願い申し上げます。

dues新宿
〒160-0022 新宿区新宿3-28-4 新宿三峰ビル4F
Tel: 03-6380-6141


GODFLESH Japan tour 2015
with direct support: ENDON




再始動後はライヴ/ツアーをコンスタントに行い、威厳に満ちた最新スタジオ作を発表したGODFLESHの再来日公演が決定! インダストリアル云々を超え、先駆者ならではの視点と手法でヘヴィ・ミュージックと怒りの音を書き換える孤高のデュオ。今回は新曲とクラシック・チューンが相俟ってのGFプロパー・スタイルを見せつけてくれるはず。腹をえぐるほどの音圧を味わえる日がまたやってくる。
全行程でサポートを務めるのは東京エクストリーム・ミュージック/ノイズ・アーキテクト最先鋭ENDON。Justin K. Broadrickのオルタ―・エゴ:JK FLESHとのライヴ共演やJustinからのリミックス提供など、御大からの信頼も厚いバンドだ。
さらに東京ではスペシャル・ゲストとしてREBEL FAMILIAも出演。レゲエ/ダブ/ダンス・ミュージックにも造詣の深いGODFLESHは、彼らと低音/ベースで共鳴する。

**shows**
07/17(金)東京:代官山Unit w/ REBEL FAMILIA
open 18:00 / start 19:00
前売 6,000yen / 当日 未定 (ドリンク代別)
問い合わせ: Unit 03-5459-8630

07/18(土)愛知:名古屋今池Huck Finn
open 18:00 / start 19:00
前売 5,500yen / 当日 未定 (ドリンク代別)
問い合わせ: Huck Finn 052-733-8347 / Jailhouse 052-936-6041

07/19(水)大阪:東心斎橋Conpass
open 18:00 / start 19:00
前売 5,500yen / 当日 未定 (ドリンク代別)
問い合わせ: Conpass 06-6243-1666

**ticket**
04/18(土)より下記にて発売
東京: ぴあ(P:261-396)、ローソン(L:76756)、e+、会場
名古屋: ぴあ(P:261-317)、ローソン(L:47027)、e+、会場
大阪: ぴあ(P:262-227)、ローソン(L:55434)、e+、会場

GODFLESH official site


JK FLESH one-off show in Tokyo 2015



GODFLESHとしての再来日公演が決定しているJustin K Broadrickのオルタ―・エゴ: JK FLESHでのワン-オフ・ショウが決定! 最新アルバム『Posthuman』ではよりダブ・ステップ的指向性を強調したサウンドを披露し、続くPRURIENTとのスプリット作ではよりダーク且つプリミティヴな方向性を提示。更にそこから先に浮かぶものを掴んだのは、昨年実現した1日限りの東京公演でのことだった。Justinが言うところの「GODFLESH/JESU/FINALとは明確に異なる音」とは如何なるものなのか、再び東京で明かされる。
ゲストとして招かれるのはGOTH-TRAD。日本のアーティストにも造詣の深いJustinが一際意識し交流を続ける孤高のサウンド・マスターであり、この2人の共闘は何か新たな動きを予感させる。さらにモジュラー・シンセをハイパーに鳴らすライヴ・エレクトロニクス・デュオ: DREAMPV$HERも登場。
バンド編成とロック的な意匠から離れたところで鳴る極北の音をご堪能あれ。

07/21(火)東京:渋谷O-nest w/ GOTH-TRAD, DREAMPV$HER
open 18:30 / start 19:00
前売 4,000yen (ドリンク代別)
問い合わせ: O-nest 03-3462-4420

**ticket**
05/02(土)より下記にて発売
東京: ぴあ(P:261-556)、ローソン(L:76926)、e+、会場


PALLBEARER Japan tour 2015
with direct support: NEPENTHES




今やUS新世代へヴィロック・バンドの代表格にまで登り詰めたPALLBEARERの初来日公演が決定! 王道ヘヴィロック・マナーの楽曲、一分の隙も見せないアルバム2作品、アンダーグラウンド・シーンに根差した長期ツアーで着実にプロップを集めながら、ローリング・ストーン誌やピッチフォークをはじめとする非メタル/ヘヴィロックの一般メディアでの激賞もあり、急先鋒として広く支持層を拡大中だ。AT THE GATES/CONVERGEとのパッケージ・ツアー、ボナルーやプリマヴェーラというアメリカ/ヨーロッパでの名立たるフェスティバルに出演した勢いのまま日本へとやってくる彼らに期待は募る。
今回全日程に帯同するのは日本のへヴィロック・シーンの重鎮達によって結成されたNEPENTHES。ダイナミックで豪快なライヴは毎回見ものであり、‘全世界最先鋭’のPALLBEARERに対し、如何に日本シーンの層の厚さを見せつけるかにも注目したい。加えて各公演のゲストも強力だ。


**shows**
06/24(水)大阪: 東心斎橋Conpass w/ 不幸-fucho-
open 18:30 / start 19:00
前売 4,000yen / 当日 未定 (ドリンク代別)
問い合わせ: Conpass 06-6243-1666

06/25(木)名古屋: 今池Huck Finn w/ ETERNAL ELYSIUM
open 18:30 / start 19:00
前売 4,000yen / 当日 未定 (ドリンク代別)
問い合わせ: Huck Finn 052-733-8347 / Jailhouse 052-936-6041

06/26(金)東京: 新大久保Earthdom w/ COFFINS, ZENOCIDE
open 18:30 / start 19:00
前売 4,500yen / 当日 未定 (ドリンク代別)
問い合わせ: Earthdom 03-3205-4469 / Citta’ Works 044-276-8841

**ticket**
04/11(土)より下記にて発売
大阪: ぴあ(P:260-879)、ローソン(L:53706)、e+、会場
名古屋: ぴあ(P:260-218)、ローソン(L:46787)、e+、会場
東京: ぴあ(P:260-555)、ローソン(L:75665)、e+、会場

PALLBEARER official site


New Noise Literacy 001 "Engage"
Boris / ENDON / visual: rokapenis




BorisとENDON、それぞれの最新スタジオ・アルバムで新たなノイズ観を提示した2バンドによる東名阪ツアー決定!

ここ数年来Borisサウンドの要となる機材をサポートするペダル・ブランドM.A.S.F.は、ENDONのメンバーが運営中。一方でENDONの1stフル・アルバム『MAMA』をBorisのAtsuoがプロデュースするなど、両者の共振/共鳴は増幅を重ねている。

密接度が増す両者が今回掲げる‘Noise Literacy’とは、ノイズを目的に適う形で使用出来る能力のこと。換言すれば、ノイズを主体的に選択/収集/活用/編集/発信する力量のことである。BorisとENDONはノイズを「読み書き」する。没入的であり自己目的に終始するノイズ・ミュージックとの交戦開始を“Engage”としてここに宣言。

体感型ヴィジュアルを高い‘Literacy’で司るアーティストrokapenisが全公演帯同、両バンドのノイズを可視化する。

加えて本ツアー入場者全員に、両バンドによる新録音源を配布。この音源も含めて、新しい‘Noise Literacy’だ。

ノイズの地平を更新するムーヴメントが始まる。

**shows**
05/02(土)東京:新代田Fever
open 18:00 / start 19:00
前売 3,500yen / 当日 4,000yen (ドリンク代別)
問い合わせ: Fever 03-6304-7899

05/08(金)愛知:名古屋池下Club Upset
open 18:30 / start 19:00
前売 3,500yen / 当日 4,000yen (ドリンク代別)
問い合わせ: Upset 052-763-5439

05/09(土)大阪: 東心斎橋Conpass
open 18:30 / start 19:00
前売 3,500yen / 当日 4,000yen (ドリンク代別)
問い合わせ: Conpass 06-6243-1666

**ticket**
02/21(土)より下記にて発売開始
東京: ローソン(L:71039)、e+、会場
名古屋: ぴあ(P:256-418)、ローソン(L:40524)、e+、会場
大阪: ぴあ(P:238-752)、ローソン(L:46010)、e+、会場
大阪: ぴあ(P:256-455)、ローソン(L:57328)、e+、会場
*入場者全員に新録音源配布

主催: fangsanalsatan / TOKYODIONYSOS
協力: Daymare Recordings

Boris official site
ENDON official site


MAMIFFER+DANIEL MENCHE Japan tour 2015



昨年11月に最新作『Statu Nascendi』を発表したばかりのMAMIFFERが2年半振り3度目の再来日公演を行う。前回はEARTHとの絶妙なシアトル・コネクションを聴かせてくれたが、今回は日本とも親交の厚い大御所アブストラクト・エクスペリメンタル・ミュージシャン:DANIEL MENCHEとのカップリング。アンビエント・テイストを残しながらもFaith Colociaのヴォーカルを積極的にフィーチュアすることでサウンドの幅を拡げているMAMIFFERと、彼らと急速に共鳴する巨匠との組み合わせからは、新しい音楽の楽しみ方を享受出来るはず。
各地でゲストとしてプレイするのは2015年日本初ライヴとなるBoris、そして日本のシーンにも造詣の深いMAMIFFERのAaron TurnerはDREAMPV$HERとENDONを指名した。現在の関西最先鋭とも評されるYPYとの共演も非常に興味深く、パッケージとしても魅力十分のツアーになりそうだ。

**shows**
03/26(木)大阪: 東心斎橋Conpass w/ YPY、DREAMPV$HER (Lonely pushin' set)
open 18:30 / start 19:00
前売 3,500yen / 当日 4,000yen (ドリンク代別)
問い合わせ: Conpass 06-6243-1666

03/27(金)東京: 六本木Super Deluxe w/ Boris
open 18:30 / start 19:00
前売 3,500yen / 当日 4,000yen (ドリンク代別)
問い合わせ: Super Deluxe 03-5412-0515

03/29(日)東京: 落合Soup w/ DREAMPV$HER, ENDON
open 18:00 / start 18:30
前売 3,000yen / 当日 3,500yen (ドリンク代別)
問い合わせ: Soup 03-6909-3000

**ticket**
2/7(土)より下記にて発売開始
大阪: ぴあ(P:255-709)、ローソン(L:56291)、e+、会場
東京/六本木: ぴあ(P:255-738)、ローソン(L:70293)、e+、会場
東京/落合: 会場Daymare

MAMIFFER official site
DANIEL MENCHE official site


FULL OF HELL one-off album release show



毎度暴動寸前レベルでヒートアップする激烈ライヴ、数多くの単発音源やスプリット作と2枚のフル・アルバムで、若くしてアンダーグラウンド・シーンのトップに駆け上がった噂のバンド、FULL OF HELLの来日が決定!! 日本が誇るノイズ・マエストロ:MERZBOWとの2枚組合体共作『Full Of Hell - Merzbow』リリースを記念しての、全世界で1日限りのスペシャル・ライヴ!!

FULL OF HELLは様々なスタイルのハードコアを基調としながら、ノイズを導入することでさらなるインテンスさを追求してきた。人間離れした超絶パワー・ドラマーを中心に放つサウンドは、現行グラインドの向こう側まで到達する凄絶さ。ネット上で観られるライヴ映像以上の苛烈風景を、今回目の当たりにすることになる。

今回MERZBOWはライヴ・ドラマーとのデュオ編制でプレイ。ここ数年共演を続け、ライヴのみならず共同作品も数作リリースしているBALAZS PANDIとの演奏だけに、特別を超える何かが再び起こることは確実だ。FULL OF HELLとMERZBOWの間を取り持ったBALAZSがこの場にいることも劇的である。

そしてFULL OF HELL、MERZBOW+BALAZS PANDIそれぞれの単独セットに加え、音源通りFULL OF HELL with MERZBOWの合体編制も披露。本人達をして「現実的にこの編成でやれるのは、全世界で東京のこの日だけだろう」と言わしめる、レア中のレア、プレミア中のプレミア、額面通りの奇跡が起きる。

さらに1stフル・アルバム『Mama』が今年を象徴する衝撃作との呼び声が高く、つい先日の初ワンマン・ライヴでソールド・アウトを記録した、東京エクストリーム最先鋭ENDONも出演。共に構築的ノイズを鳴らすFULL OF HELLとENDONの共時性を目の当たりにする絶好の機会だ。

‘ハードコア’よりも‘ノイズ’と‘エクストリーム’がキーワード、文字通りの地獄。ご堪能あれ...

**show**
03/28(土)東京:新大久保Earthdom
FULL OF HELL with MERZBOW / FULL OF HELL / MERZBOW+BALAZS PANDI / ENDON
open 18:30 / start 19:00
前売 3,500yen / 当日 未定 (ドリンク代別)
完全禁煙
問い合わせ: Earthdom 03-3205-4469

**ticket**
12/20(土)より下記にて発売開始
e+、会場、ディスクユニオン各店 (新宿本館 / 新宿PUNK MARKET / 新宿HEAVY METAL館 / 渋谷パンク・ヘヴィメタル館 / 御茶ノ水HARD ROCK HEAVY METAL館)


FULL OF HELL Japan tour 2015
PUTV tour (FULL OF HELL / WEEKEND NACHOS / FIGHT IT OUT)
04/01(水)神奈川: 横浜BB Street
04/02(木)東京: 吉祥寺Warp
04/03(金)愛知: 名古屋Tight Rope
04/04(土)大阪: 心斎橋火影
04/05(日)東京: 初台Wall

total info: Cosmic Note


FULL OF HELL official site


TOUCHE AMORE+envy double headline Japan tour 2014



2007年の結成以来、US新世代激情ハードコア界の宝として圧倒的な人気を誇るTOUCHE AMORE。Deathwishとの契約後は全世界で怒涛のツアーを行い、2013年リリースの最新作『Is Survived By』はビルボード誌アナログ盤総合チャートでNo.1を獲得。文字通り絶好調のTOUCHEが昨年初頭に続く2度目の日本ツアーで来日決定!
そのTOUCHEが快進撃を続けるきっかけを作ったのは、日本が誇るenvyに他ならない。2011年のenvy USツアーで、当時から注目株として知られながらも、まだまだローカル・バンドに過ぎなかったTOUCHEをオープニング・アクトに起用。アメリカの激情系ファンにその名を広めたところから、一連の流れが始まった。
世代を超え、共に認め合い共に引き合うこの両バンドでのダブル・ヘッドライン・ツアーが遂に日本でも実現する。
さらに東京ではENDZWECKとheaven in her armsの出演も決定!

**shows**
10/23(木)愛知:名古屋池下Club Upset
open 18:00 / start 19:00
前売 4,000yen / 当日 未定 (ドリンク代別)
問い合わせ: Club Upset 052-763-5439

10/24(金)大阪:心斎橋Pangea
open 18:00 / start 19:00
前売 4,000yen / 当日 未定 (ドリンク代別)
問い合わせ: Pangea 06-4708-0061

10/26(日)東京:代官山Unit w/ ENDZWECK, heaven in her arms
open 16:20 / start 17:00
前売 4,500yen / 当日 未定 (ドリンク代別)
問い合わせ: Unit 03-5459-8630


**ticket**
8/2(土)より下記にて発売開始
名古屋: ぴあ(P:238-906)、ローソン(L:40524)、e+、会場
大阪: ぴあ(P:238-752)、ローソン(L:58357)、e+、会場
東京: ぴあ(P:238-946)、ローソン(L:77734)、e+、会場

TOUCHE AMORE official site


EARTH Japan tour 2014



2012年にまさかの初来日を果たしたアースが、再び日本の地を踏む。グランジ/NIRVANAからヘヴィ・ドローン/SUNN O)))を結ぶミッシング・リンク。
近年のアメリカーナに通じるアコースティック・テイストも取り入れた漆黒のサウンドに揺るぎはない。2014年夏には新作リリースを予定、このツアーから新機軸を見せてくれるはずだ。
今回は日本オルタナティヴ界の‘顔’をスペシャル・ゲストに迎え、アースの別側面に光を当てる試み。2日間行う東京公演ではヘヴィロック的切り口の日も設け、音楽性の幅広さと対比を鮮明にする。

**shows**
6/4(水)大阪:東心斎橋Conpass w/ 山本精一ユニット
open 18:00 / start 19:00
前売 4,800yen / 当日 5,300yen (ドリンク代別)
問い合わせ: Conpass 06-6243-1666

6/5(木)東京:新大久保Earthdom w/ NEPENTHES
open 18:00 / start 19:00
前売 4,800yen / 当日 5,300yen (ドリンク代別)
問い合わせ: チッタワークス 044-276-8841 / Earthdom 03-3205-4469

6/6(金)東京:新代田Fever w/ ジム・オルークと7秒ビジネス、Rollo
open 18:00 / start 19:00
前売 5,300yen / 当日 5,800yen (ドリンク代別)
問い合わせ: チッタワークス 044-276-8841 / Fever 03-6304-7899

**ticket**
4/5(土)より下記にて発売開始
大阪: ぴあ(P:228-221)、ローソン(L:57844)、e+、会場
東京/新大久保: ぴあ(P:227-537)、ローソン(L:74268)、e+、会場
東京/新代田: ぴあ(P:227-537)、ローソン(L:74668)、e+、会場

EARTH official site


leave them all behind 2014



前回の『leave them all behind 2012』は初の2日間開催ながら、両日共にソールド・アウトを記録。轟美重音を標榜するフェスに、今回も統一性のあるアーティストが集結!
ヘッドライナーはJESU。昨年リリースの最新作『Everyday I Get Closer To The Light From Which I Came』を引っ提げて、実に7年振りの再来日! 新作待機中のGODFLESHや各ソロ・プロジェクトで名義を使い分けながらも、才人Justin K.Broadrickが「活動の基盤」と言い切るJESUは、シューゲイザーにも通じるギター音の壁/作り込んだビート/甘美なメロディをヘヴィロックと融合させる。唯一無二の天上サウンドを体感したい。
いわゆる現行ポスト・メタル・バンド世界最高峰との呼び声が高いRUSSIAN CIRCLESが、遂に初来日を果たす。全盛期のISISに匹敵すると絶賛される強力なライヴ・パフォーマンスは、文字通りインパクト十分だ。
第2回目の『ltab』に参加したMONOが久々に登場。3月に東京で行う単独公演と4月から5月に掛けてのUSツアーを経て、再びワールドワイドに活動を展開し始める彼らが、更なる新境地を見せてくれるだろう。
楽曲発表や来日アーティストのサポートを積極的に行う、成長著しい東京ポスト・ブラックCOHOLがオープニングを務める。
何かの次ではなく、時代の先へ音を牽引する4組で開催の『leave them all behind 2014』、お見逃しなく!

7/12(土)東京: 代官山Unit
JESU
MONO
RUSSIAN CIRCLES
COHOL
open 15:45 / start 16:30
前売 7,500yen (ドリンク代別)

**ticket**
3/8(土)より下記にて発売開始
ぴあ(P:225-162)、ローソン(L:71720)、e+(プレ: 2/25-3/2)、岩盤

total info: Smash 03-3444-6751


leave them all behind extra show
JESU one-off show in Osaka w/ RUSSIAN CIRCLES
7/13(日) 大阪: 心斎橋Pangea
open 18:00 / start 19:00
前売 6,300yen (ドリンク代別)

RUSSIAN CIRCLES w/ JK FLESH, ENDON
7/15(火) 東京: 渋谷O-nest
open 18:00 / start 19:00
前売 4,500yen (ドリンク代別)

**ticket**
大阪: 発売中
ぴあ(P:225-350)、ローソン(L:54333)、e+(プレ: 2/25-3/2)、TOWER RECORDS(梅田マルビル店、NU茶屋町店)
total info: Smash West 06-6535-5569

東京: 5/10(土)より一般発売開始
ぴあ(P:231-423)、ローソン(L:79066)、e+
total info: O-nest 03-3462-4420


DEAFHEAVEN Japan tour 2014
with direct support: heaven in her arms




1年半振りの単独再来日公演決定! 2013年にリリースした2ndアルバム『Sunbather』が米Rolling Stone誌“Best metal album”に選出、Pitchforkの年間トップ10入りを果たすなど、世界中のメディアからの称賛を浴びたこともあり、セールスも絶好調。文字通り2013年を席巻したDEAFHEAVENが絶好のタイミングで日本に戻ってくる。2011年のアルバム・デビュー、2012年の『leave them all behind 2012』出演/GODFLESHとの共演/単独ライヴでの初来日、昨年のメンバー補強を経て大きく成長した超新星が、更なる鮮烈ライヴを見せてくれるはずだ。
このツアーに同行するのはheaven in her arms。昨年COHOLとのスプリット作『刻光』をリリースし新たな方向性を示した彼らは、前回のDEAFHEAVEN東京公演でもサポートを務めており、今回も最高のカップリングを期待出来る。

**shows**
5/13(火)東京:新大久保Earthdom w/ COHOL, isolate (heaven in her armsの出演は無し)
open 18:00 / start 19:00
前売 4,500yen / 当日 5,000yen (ドリンク代別)
問い合わせ: チッタワークス 044-276-8841 / Earthdom 03-3205-4469

5/14(水)大阪:東心斎橋Conpass w/ PALM
open 18:00 / start 19:00
前売 4,500yen / 当日 5,000yen (ドリンク代別)
問い合わせ: Conpass 06-6243-1666

5/15(木)愛知:名古屋池下Club Upset w/ tba
open 18:00 / start 19:00
前売 4,500yen / 当日 5,000yen (ドリンク代別)
問い合わせ: Upset 052-763-5439

5/16(金)東京:渋谷Eggman w/ STORM OF VOID
open 18:00 / start 19:00
前売 4,500yen / 当日 5,000yen (ドリンク代別)
問い合わせ: Eggman 03-3496-1785

**ticket**
2/8(土)より下記にて発売開始
東京/新大久保: ぴあ(P:222-212)、ローソン(L:78647)、e+、会場
大阪: ぴあ(P:222-729)、ローソン(L:59802)、e+、会場
名古屋: ぴあ(P:222-251)、ローソン(L:45974)、e+、会場
東京/渋谷: ぴあ(P:222-843)、ローソン(L:79196)、e+、会場

DEAFHEAVEN official site
heaven in her arms official site


NOOTHGRUSH Japan tour
with COFFINS



11/1(金) 東京:浅草Kurawood
11/2(土) 東京:新大久保Earthdom
11/3(日) 愛知:名古屋今池Huck Finn
11/4(月・祝) 大阪:鰻谷Conpass
11/5(火) 神奈川:西横浜El Puente

total info: Pagun Result


THE SECRET Japan tour
with isolate



イタリア産激烈制御不能漆黒ハードコア・バンド: ザ・シークレット奇跡の初来日公演決定! 彼らにシンパシーを抱く東京の“Distorted, Fast and Core BAND”isoloateの招聘によって実現する日伊合同アンダーグラウンド・ツアー!

**shows**
11/14(木) 神奈川:横浜BB Street
open 18:00 / start 18:30
w/ A.O.W, within the last wish, Still Grieving Over, The Rabies, and more

11/15(金) 東京:小岩Bushbash
open 19:00 / start 19:30
w/ ENSLAVE, wombscape, and more…

11/16(土) 大阪:心斎橋火影
open 17:30 / start 18:00
w/ PALM, BIRUSHANAH, MORTALIZED, SEEK

11/17(日) 東京:新大久保Earthdom
open 17:00 / start 18:00
w/ COFFINS, weepray, and more…

**ticket**
各日とも前売 3,000yen / 当日 3,500yen (ドリンク代別)
発売中
横浜: e+、会場
小岩: 会場
大阪: ぴあ(P:205-597)、会場
新大久保: e+、会場
isolate/バンド取り置き

total info: KEEP AND WALK
THE SECRET official site


GRIDLINK one-off Tokyo show
with guest: MELT-BANANA, BLACK GANION, ENDON, SEX-VIRGIN KILLER-



サイバー・グラインド・バンドGRIDLINKのフル編成での東京ライヴが遂に決定! DISCORDANCE AXIS時代からグラインド・コアの可能性を突き詰めてきたJon Changと、MORTALIZEDなどで壮絶なシュレッド・ギターを聴かせるMatsubara TakafumiらによるGRIDLINKは、超テクニカルなショート・カット・チューンをフル・ブラストで放出する。最近では米国テレビ・ドラマ『Homeland』における拷問シーンで彼らの“Orphan”が使用され、映像とシンクロするかたちで整合性のある凄惨さをアピールした。交流の深いMELT BANANAをはじめ日本のアンダーグラウンド・シーンの中でも異彩を放つバンドが共演するライヴは、果たしてどんな濃密さを見せるのか?

9/15(日) 新大久保Earthdom
open 18:00 / start 18:30
前売 3,000yen / 当日 3,500yen (ドリンク代別)
6/29(土)より下記にて発売開始
e+、会場

total info: Earthdom 03-3205-4469
GRIDLINK official site


Boris Tokyo 2days
"From the past, the present and through to the future"

6/15(土) 新代田Fever
guest: BP.
open 18:00 / start 19:00

6/16(日) 新代田Fever
guest: SLIGHT SLAPPERS
open 17:00 / start 18:00

1日券前売 3,000yen / 当日 3,500yen (ドリンク代別)
2日間通し券 5,000yen (両日ともドリンク代ドリンク代別)

total info: Fever 03-6304-7899


OLD MAN GLOOM Japan tour 2013
w/ CONVERGE

2/19(火) 渋谷Club Quattro
2/20(水) 今池Bottom Line
2/21(木) 梅田Akaso

total info: Smash 03-3444-6751
english


leave them all behind 2012
11/3(土)東京: 代官山Unit
SUNN O)))
Boris performing "flood"
CHELSEA WOLFE
朝生愛

open 15:45 / start 16:30
前売 6,500yen (ドリンク代別)
2日券(枚数限定) 12,000yen (ドリンク代別)

11/4(日)東京: 代官山Unit
GODFLESH
envy performing "君の靴と未来"
DEAFHEAVEN
MORTALIZED

open 15:45 / start 16:30
前売 6,500yen (ドリンク代別)
2日券(枚数限定) 12,000yen (ドリンク代別)

轟美重音フェス、leave them all behind 2012始動!
前回のSUNN O)))来日公演は2009年、第1回目の『ltab』だったが、この時はドラム入り3人編成、もしくはStephen O'MalleyとGreg Andersonの2人のコア・メンバーのみによる特別編制だった。Attila Csihar(MAYHEM)を含むライヴに於けるフル・メンバーでは初来日時以来、実に5年振りとなる。
そしてMINISTRYやNINE INCH NAILSと並び、いわゆるインダストリアル・メタルの始祖として知られるGODFLESHが、遂に日本に上陸する。NAPALM DEATHから派生した各重要バンドの中で唯一来日を果たしていなかった最後の神が降り立つ瞬間を待つべし!
漆黒の新ゴシック・クイーンとして欧米で話題をさらっている噂のCHELSEA WOLFE、文字通りハードコアとブラック・メタルのハイブリッド・サウンドと強烈なライヴで煽る超新星DEAFHEAVEN、共に初来日ながら要注目の2組にも期待したい。
第1回目の『ltab』から連続出場を誇るBorisとenvyは今回も参加。Borisは2000年に発表した傑作『flood』を、envyは2001年発表の永遠の名作『君の靴と未来』全曲をプレイ。いずれもプレミア感満載のスペシャル・セットを披露する。
透明感溢れる歌声を聴かせる朝生愛、関西から独自のグラインドコア・サウンドを発信するMORTALIZEDも出演。
音量最小から最大まで、激重音から光速まで、美声のメロディから咆哮まで、それら全てがひとつの価値観の元に集う今回の『leave them all behind』2デイズ、お見逃し無く!

**ticket**
発売
ぴあ(P:175-154/2日券 780-279)、ローソン(L:79870/2日券 73739)、e+、岩盤

total info: Smash 03-3444-6751


leave them all behind extra show
SUNN O))) vs Osaka, Halloween show
10/31(水) 梅田Akaso w/ CHELSEA WOLFE

open 18:00 / start 19:00
前売 6,000yen (ドリンク代別)

CHELSEA WOLFE one-off headline show
11/1(木) 渋谷O-Nest w/ STEPHEN O'MALLEY solo set
open 18:30 / start 19:30
前売 3,500yen / 当日 4,000yen (ドリンク代別)

GODFLESH one-off show in Osaka
11/5(月) 東心斎橋Conpass w/ DEAFHEAVEN

open 18:00 / start 19:00
前売 6,000yen (ドリンク代別)

DEAFHEAVEN headline shows
11/6(火) 名古屋池下Club Upset w/ THE SAD MILE, AMBER VIAL, THE DONOR
open 18:30 / start 19:00
前売 3,500yen / 当日 4,000yen (ドリンク代別)

11/7(水) 渋谷O-Nest w/ heaven in her arms, isolate
open 18:00 / start 19:00
前売 3,500yen / 当日 4,000yen (ドリンク代別)

**ticket**
発売中
SUNN O))): ぴあ(P:175-068)、ローソン(L:54081)、e+
GODFLESH: ぴあ(P:175-069)、ローソン(L:54082)、e+

それぞれ9/1(土)より下記にて発売開始
CHELSEA WOLFE: ぴあ(P:179-608)、ローソン(L:79577)、e+
DEAFHEAVEN (11/6): ぴあ (P:182-013)、ローソン(L:43821)、e+
DEAFHEAVEN (11/7): ぴあ(P:179-608)、ローソン(L:79578)、e+

total info:
SUNN O))), GODFLESH: Smash West 06-6535-5569
CHELSEA WOLFE, DEAFHEAVEN: O-Nest 03-3462-4420
DEAFHEAVEN: Club Upset 052-763-5439




EARTH Japan tour 2012
with special guest: MAMIFFER


結成から20数年、未だ日本に上陸していない巨匠が遂に来日する。90年代はグランジ世代の異形の王として常識外れのヘヴィ音を鳴らし、盟友ニルヴァーナのみならず後にヘヴィ&ドローン・マスターとして君臨するサン O)))を直接的にインスパイア。2005年以降はアメリカーナに通じるアコースティック・テイストも取り入れた漆黒のサウンドで新たな音の地平を提示するアースが、遂に日本の地を踏む! ディラン・カールソンをはじめメンバー自身も熱望しながら中々実現しなかった来日公演だが、ここまで時間が掛かってしまったことよりも、満を持してツアーが実施される奇跡を素直に喜びたい。
このツアー全公演に帯同するのがマミファー。シアトルを拠点に男女混成編成で活動し、ヘヴィネスを突き抜けた先で新たな音を模索するなど、ヘッドライナーとの共通項が見られる彼らも、アースに影響を受けている。メンバーのアーロン・ターナーはかつて『Earth 2』リリース時の超特大ポスターをハイドラ・ヘッドのオフィスに掲げていたほどのファンでもある。世界で初めて実現するこのカップリング・ツアーで何が体験出来るのか、ぜひ期待していただきたい。


**shows**
9/19(水)東京:新大久保Earthdom
open 18:30 / start 19:30
前売 4,500yen / 当日 5,000yen (ドリンク代別)
問い合わせ: チッタワークス 044-276-8841 / Earthdom 03-3205-4469

9/20(木)大阪:心斎橋Pangea
open 18:00 / start 19:00
前売 4,500yen / 当日 5,000yen (ドリンク代別)
問い合わせ: Pangea 06-4708-0061

9/21(金)愛知:名古屋池下Club Upset w/ ETERNAL ELYSIUM
open 18:00 / start 19:00
前売 4,500yen / 当日 5,000yen (ドリンク代別)
問い合わせ: Upset 052-763-5439

9/22(土)東京:新代田Fever w/ Boris
open 18:00 / start 19:00
前売 5,000yen / 当日 yen5,500 (ドリンク代別)
問い合わせ: チッタワークス 044-276-8841 / Fever 03-6304-7899

**ticket**
発売中
東京/新大久保: ぴあ(P:172-224)、ローソン(L:79870)、e+、会場
大阪: ぴあ(P:172-190)、ローソン(L:57674)、e+、会場
名古屋: ぴあ(P:171-989)、ローソン(L:40558)、e+、会場
東京/新代田: ぴあ(P:172-354)、ローソン(L:70396)、e+、会場


EARTH
1990年ワシントン州オリンピアにてディラン・カールソンを中心に結成。最初期には後に『キル・ロック・スターズ』レーベルを設立するスリム・ムーンも在籍していたが、91年『サブ・ポップ』からのデビューEP『Extra-Capsule Extraction』リリース時にはトリオ編成に。当時から友人関係にあったニルヴァーナのカート・コベインはこの作品にゲスト参加している。93年にデュオ編成で制作された『Earth 2: Special Low Frequency Version』はギターとベースのみによるヘヴィ・ドゥーム・リフが延々70分以上に渡り塗り込められた極端な作風で、カルト的な支持を得る。以後数年間はゆったりと活動を続けたが、90年代後半からディランは長い隠遁生活に入る。00年代に入りサン O)))やボリスが影響を公言したことを切っ掛けに再評価の波が訪れ、その声に後押しされるかたちで新生アースとして奇跡の復活を遂げる。05年に9年振りとなるアルバム『Hex: Or Printing In The Infernal Method』を発表、90年代の暗黒ヘヴィ・ドローンを排除し、アメリカン・フォークロアの薄暗い深みに踏み込んでいったこの作品で、新たな方向性を明示した。以後『ザ・ビーズ・メイド・ハニー・イン・ザ・ライオンズ・スカル』(08)、『エンジェルズ・オブ・ダークネス、ディーモンズ・オブ・ライト 1』(11)、『同 2』(12)とコンスタントにアルバムを発表、ワールド・ツアーも続けている。
official site


MAMIFFER
00年代初頭よりエヴァーラヴリー・ライトニングハート(ELLH)として活動していたフェイス・コロッチャが、ELLH解散直後に立ち上げたアート・プロジェクト。ピアノ主体の旋律、アンビエント/ドローン的雰囲気の楽曲、そこにオーヴァー・ダブされる弦楽器やエレクトロニクスという作風は、よりアート性を重視した無機質さが魅力だったELLHよりも肉感的に聴こえ、拡張路線以降のサンO)))やへヴィロック/アンビエント系アーティストとも共鳴している。マミファー始動当初からコラボレーションを続けていたアーロン・ターナーが合流し、2010年3月に東京で1日限りの来日公演を敢行。直後に発表されたアイシス解散以降、アーロンは正式メンバーとして加入した。『ハイラー・エニファー』(08)、『メア・ディセンドリ』(11)の2枚のフル・アルバムの他にもコラボレーション作を多数リリースしている。
official site




BLACK BREATH Japan tour 2012

8/22 (水) 愛知:名古屋Club Zion
8/23 (木) 大阪:心斎橋火影
8/24 (金) 大阪:難波Rockets "Hammer Sonic 2012"
8/25 (土) 東京:渋谷Club Asia "Bloodaxe Festival 2012"
8/26 (日) 東京:新宿Antiknock

total info: Alliance Trax


Borisライヴ決定、ASOBI SEKSU来日のゲスト!
Borisの2011年USツアーでサポートを務めてくれたASOBIさん、久々の来日公演決定! 1日だけBorisがゲストとして参加します!!

5/18(金)東京渋谷O-West
open 18:00 / start 19:00
前売 4,800yen / 当日 5,300yen (ドリンク代別)
主催/企画制作: contrarede
協力 : Shibuya Television
total info : contrarede 03-5773-5061


(c) Daymare Recordings / diwproducts